Latest Posts

白い歯の効果

2017.10.11
/ / /
Comments Closed

歯を白く見せるホワイトニングですが、元々はアメリカで始まった歯の治療法です。では、何故このような治療法が全世界的に浸透していったのでしょう。誰しも、年齢よりは若く見られたいものです。ただ、いくらスキンケアに気を配ったとしても、笑った時に覗く歯が黄ばんでいたり、黒ずんでいたりすればせっかくのスキンケアも台無しで、年齢以上に老けて見られるのです

歯は高齢になるほど、変色していきます。着色物が歯に蓄積していくからです。これをホワイトニングで白くすることで、年齢よりも若々しい印象を持たれるという効果があるのです。つまり、ホワイトニングの目的はアンチエイジングというわけなのです。歯が変色していると、それが気になり、人前で笑うことや喋ることができなくなります。そのため、消極的になり人付き合いにも影響を及ぼすことになります。

このようにホワイトニングは、その人の性格や社交性に関係してくる重要な役割を持っています。ホワイトニングは歯を削ることもありませんし、歯への負担や副作用の心配もありません。また、自分の求める色調や明度も調整できます。さらに、歯茎や口腔の健康維持にも効果があります。ホワイトニングにはこのような目的があり、多くの人に喜ばれているのです。

歯が白くなる仕組み

2017.10.08
/ / /
Comments Closed

ホワイトニングとは、歯を白くすることですが、では具体的にどのような方法で白くしていくのでしょう。最も一般的な方法としては、歯の表面にホワイトニング剤を塗ることで、歯のエナメル質にある着色物質を分解していきます。ホワイトニング剤の主成分としては、過酸化水素や過酸化尿素で、これらはある温度になると酸素と水に分解しますので、この酸素により着色物を無色透明な状態に分解するという仕組みです。

ホワイトニング剤により、エナメル質の着色物質が分解されるのですが、実はこれだけでは歯は白くなりません。エナメル質は半透明ですので、その下にある象牙質の黄色が透けて見えるだけのことなのです。つまり、歯を白く見せるにはこのエナメル質を白くしなければいけません。エナメル質は、エナメル小柱からできています。そして、このエナメル小柱は形状が角状になっているのです。この角状部分を球状にさせることで、光が当たった際、乱反射が起き結果的に歯が白く見えるということなのです。

ホワイトニングにはもちろん個人差があります。ただ、効果が出にくい人でも、時間をかけて行うことで、歯は白くなっていきます。ホワイトニングは医師とよく相談をして、自分に合った方法で確実に白くしていきましょう。

審美歯科での治療

2017.10.04
/ / /
Comments Closed

年齢を重ねてくると、歯の黄ばみが気になってきます。口元は見た目の印象に深く関わってくるところですので、歯が黄ばんでいると年齢以上に老けて見えることもあるのです。また、元々歯が黄ばんでいる人もいます。こういった歯の悩みは歯科医に相談すればいいのですが、その歯科医の中でも特に審美歯科は歯の美しさという点に特化した歯科医なのです。

審美歯科は、歯の美しさだけではなく、その機能についても追求していく歯科医療のことで、つまり歯の健康美を目指すことなのです。歯の美しさという点では、やはりきれいな歯並びと真っ白な歯でしょう。そして、こういった口のケアができていると、おしゃべりや食事も楽しくなり、社交的な性格にもなっていきます。歯をきれいにすることで、こういった機能的な側面にも影響が出てくるのです。審美歯科はこういった効果があり、通常の歯科医とはまた違う感覚で利用できる歯医者さんと言えるのです。

審美歯科で最も多い治療としては、ホワイトニングが挙げられます。歯が白いと、実年齢よりも若く見られ、自然と笑みがこぼれるものです。また、噛みあわせなどの治療も行うことで、身体の健康維持にも効果が出てきます。このように、口の健康は身体の健康にも繋がり、それを手助けするのが審美歯科ということなのです。また、大阪心斎橋でホワイトニング治療ができるクリニックでは、ホワイトニングコーディネーターが在籍しています。ホワイトニングコーディネーターとは、日本歯科審美学会が行っている認定制度で、ホワイトニングへの知識や技術を認められた歯科衛生士のみに与えられる認定名称です。通うのであれば、ホワイトニングコーディネーターが在籍している審美歯科を探しましょう。

ホワイトニングの目的

2017.10.01
/ / /
Comments Closed

笑った時や、話をするときに口元から覗く歯は、その人の印象を決める大きなポイントとなります。年齢を重ねると歯は黄ばんだり、黒ずんだりと元の白さが失われていきます。そして、歯の白さがなくなってくると、見た目の印象が老けた感じになってくるのです。そういった場合、歯の白さを取り戻すホワイトニングというものがあります。このホワイトニングですが、通常の歯科医ではなく、審美歯科に相談するのがいいでしょう。

審美歯科は、特に歯の美しさと口腔ケアを目指している歯科医のことで、その一環としてホワイトニングを取り扱っているのです。歯の色で悩んでいる人は多く、そのため人前で笑うこともできず、友達と食事をするのもためらいがちになり、性格が内向的になってしまうこともあります。歯が白くなれば、会話や食事も積極的になり、社交的な自分を取り戻せるのです。それを手助けしてくれるのが審美歯科ということなのです。

ホワイトニングはアメリカで始まりました。元々歯アンチエイジングを目的として治療が行われるようになったのです。歯が白ければ、若々しく見え、何事にも積極的な姿勢になります。ホワイトニングは歯を削る治療法ではありませんので、歯への負担や副作用の心配もなく、色や明度も調整できます。また、審美歯科ではホワイトニングだけでなく、口腔ケアも充分に行ってくれますので、健康維持の面でも大きな役割を担ってくれるのです。このサイトは、ホワイトニング治療の目的について説明します。