歯が白くなる仕組み

歯が白くなる仕組み

2017.10.08
/ / /
Comments Closed

ホワイトニングとは、歯を白くすることですが、では具体的にどのような方法で白くしていくのでしょう。最も一般的な方法としては、歯の表面にホワイトニング剤を塗ることで、歯のエナメル質にある着色物質を分解していきます。ホワイトニング剤の主成分としては、過酸化水素や過酸化尿素で、これらはある温度になると酸素と水に分解しますので、この酸素により着色物を無色透明な状態に分解するという仕組みです。

ホワイトニング剤により、エナメル質の着色物質が分解されるのですが、実はこれだけでは歯は白くなりません。エナメル質は半透明ですので、その下にある象牙質の黄色が透けて見えるだけのことなのです。つまり、歯を白く見せるにはこのエナメル質を白くしなければいけません。エナメル質は、エナメル小柱からできています。そして、このエナメル小柱は形状が角状になっているのです。この角状部分を球状にさせることで、光が当たった際、乱反射が起き結果的に歯が白く見えるということなのです。

ホワイトニングにはもちろん個人差があります。ただ、効果が出にくい人でも、時間をかけて行うことで、歯は白くなっていきます。ホワイトニングは医師とよく相談をして、自分に合った方法で確実に白くしていきましょう。


Comments are closed.